北信濃 家伝手づくり味噌

北信濃 家伝手づくり味噌 まるゆき味噌

オンラインショップ

中村醸造場について

信州 須坂市。小布施町と高山村の境にある、 中村醸造場は「日滝の溜まり屋」として 醤油加工業を始めました。 初代から二代目、昭和の時代は味噌は 主にそれぞれの家庭で仕込むのが主でしたが やがて、味噌づくりを代行するようになると評判となり、 お味噌の販売も始め「溜まり屋さん」は 「お味噌屋さん」になりました。
農家が心を込めて栽培した国産の安全な大豆は、 煮汁に本来のうまみが逃げないよう、 煮るのではなくて釜で蒸しあげられます。 そうして、甘もっくりとして ほくほくとした大豆の甘さを引き出します。 畑の肉とも呼ばれ、良質な植物性タンパク質を有する 穀物の優等生・大豆。蒸しあげられたのちは、 厳選された米糀と塩に混ぜ合わせるために、 しっかりと潰されます。
味噌の出来映えを大きく左右するのが糀菌。 長野県味噌工連がつくった長野県内全域でしか 使うことのできないオリジナルの糀菌を使い、 代々伝わる「箱盛り糀」をつくり上げます。 米を蒸し、糀菌を加えてつくり上げられた米糀は、 畳一畳分ほどの木箱に広げられて「箱盛り糀」となります。 そして、赤子を扱うかのように大切に、 一粒一粒手もみしながら熟成に向かわせます。
国産大豆、糀、塩を混ぜ合わせて造る味噌。 一日一回、決められた時間に、決まった仕込みを、 何日も、何日も繰り返し行います。 そして時にはやさしく、時には強く空気を抜き、 桶に味噌を詰め込みます。 百回以上に分けて仕込まれた味噌は、 微生物の力を借りた家伝の醸造方法で熟成を重ねて いきます。 厳選された素材は春夏秋冬の暑さ、寒さを経て熟成されて うまみを増し、須坂の風土を表した味噌となるのです。

まるゆき味噌

四代に伝わる製法を守り、手づくりの味を大切にしています。 味の決め手となる麹づくりでは五感を研ぎ澄まし、 愛情をこめてひと箱ひと箱手でもみこんで仕上がりを見極めます。 1996年から県内で開発された麹菌を使って、新製品にも挑戦し高い評価を頂いています。 お客様の毎日のみそ汁やみそ料理で安心してお使いいただけるよう、 手づくり味噌の伝統製法と味わいを大切に育て継承しています。
こだわりの味をぜひお試しください オンラインショップ
まるゆき商品を使ったひとさら レシピ集

Photo Gallery

アクセス

本社・工場

〒382-0011 長野県須坂市本郷町726
TEL:026-245-1102
FAX:026-245-1369
・上信越自動車道 須坂長野東ICから 約15分
・長野電鉄 須坂駅からタクシー 約10分

井上店

〒382-0047長野県須坂市大字幸高106-1
TEL 026-285-9313
FAX 026-285-9315
・上信越自動車道 須坂長野東ICから 約4分

ページの先頭へ